乳がん検診は痛くて大変だった

検診を行うことは、健康を維持するためにはとても大切なことですね。それを行うことにより、早期にガンを発見して治療を行うことができます。治療が早ければ、それだけ治る確率も高くなるのです。そのことは、十分にわかっていることですね。ところがそのように分かっていても、検診をしたいという気持ちが遠のくことがあります。
その一つに、レントゲンなどで直ぐにできる検査だといいのですが、痛みを伴うのはとても辛いです。私も痛みを伴う現検診を受けたことがありました。それは、乳がんの検診でのマンモグラフィーです。その検査を受けるときに、知り合いから痛いということを聞いていたのですが、想像をしていた以上に痛みがありました。検査を受けている時に、逃げ出したいと思う程の痛みだったので今後はどうしたらいいのか不安です。
そんな風に検診がいいと分かっていても、検査自体が辛いと思うと受ける気持ちになれません。もっと痛みを伴わない楽にできる検査方法を望んでいます。