24時間心電図を測定しました

私は1ヶ月半、入院したことがあって、病気療養という名目だったのですが、一人部屋でゆっくりと休むという入院でした。それで、入院しないとできない検査で、24時間体に器具をつけて心電図を測る、ホルスターというものを受けることになりました。

 

私は一人部屋でしたので、消灯後もテレビをつけてみたりしていました。それで、夜、お腹が空いたので、インスタントの焼きそばのUFOを作って食べることにしたのです。給湯室があって、そこで暑いお湯を使うことができて、UFOに熱湯を入れたのですが、その時に熱湯が手にかかってしまって、ものすごくビクッとして驚きました。

 

ホルスターをつけていたので、心電図に異常が現れないかどうかすごく不安でした。翌日、ホルスターを取り外して、検査の結果が出たのですが、異常は見当たりませんでした。なんだかホッとしました。

 

入院していて嫌だったのは、食事がおいしくないことでした。病院によっては美味しいところもあるようですが、まずかったです。乳がんで入院した友人も病院の食事は美味しくないと言っていたのを思い出しました。